徒然なるままに

美容とかコスメとか興味ある女子でございやす

善玉菌を増やすことができる食べ物や飲み物

体内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことができる食べ物や飲み物は数多くあります。例えば、穀物や芋類、海藻などの食物繊維が豊富な食べ物で、これらの食べ物は、悪玉菌による有害物質を体外に排出し善玉菌の栄養源になります。

切干だいこんやきのこ、アボカド、こんにゃくも同様のはたらきがあります。また、大豆やバナナ、牛乳、ハチミツにはオリゴ糖が豊富で、このオリゴ糖は善玉菌の栄養源となり、増殖を促進する成分のひとつです。

野菜では、たまねぎやごぼう、アスパラガスがあります。さらに、ビフィズス菌や乳酸菌を摂取することができるヨーグルトなどの発酵乳製品も腸内の善玉菌を増やすことが期待できる代表的な食べ物です。

乳酸菌飲料は、体の中にある善玉菌を活性化させる代表的な飲み物で、腸内環境を整えて身体の免疫力を高めることが期待できます。発酵乳製品であるヨーグルトや乳酸菌飲料は、製品によって含まれている菌が異なりますので、自分の身体に合ったものを摂取することが大切です。

これら食べ物や飲み物は意識して摂取しないとどうしても不足がちになりので、普段の食生活でこまめに摂り入れて身体の中を整え、免疫力を高めていくことがよいでしょう。

 

f:id:paicfura:20180511164449j:plain

フェルトで作る手作りのこいのぼりがおすすめ

子どもの日は男の子がいるとこいのぼりを飾るのが恒例ですが、最近は住宅事情などでコンパクトなタイプを買ったりする人が増えていますし、私もこいのぼりのオブジェをフェルトで手作りしています。

気持ちの問題だと思いますし、大きなものを飾っているのが良いという時代でもないので、コンパクトな面積の我が家にはフェルトで作った温かみのあふれるこいのぼりが適しています。

インターネットで手作りできることを知り、手芸好きな子どもたちと一緒に作ってみたのですが購入するものに比べてとても愛着がわきますし、毎年出すのが楽しみです。材料は全て100円均一で販売していますのでお金もそれほどかかりませんし、何より一緒に作るのが楽しかったです。

家のいたるところに飾って気分を盛り上げたいので毎年少しずつ作って増やしていますが、徐々に作るのに慣れてきて最近では作業も早くなりました。こいのぼりというと場所の関係で飾れないと諦めている人も多いかもしれませんが、そんなことはありませんし、フェルトさえあれば簡単に手作りできますので作ったことがない人には手作りをおすすめしたいです。

作り方もインターネット上で無料で公開されていたので、お金もかからず助かりました。

f:id:paicfura:20180511163842j:plain

オリゴ糖で効果なしだった理由

長年悩まされ続けてきた便秘を改善するために、オリゴ糖配合のシロップを購入しました。非常に甘くて美味しかったのでコーヒーやヨーグルトに入れて1週間で全てなくなるペースで使ったのですが、便秘への効果は全くなしという残念な結果に終わってしまったのです。

味については気に入っていたので、もう少し使ってみようと思い何故効果なしだったのかを調べてみたところ、配合されているオリゴ糖の種類が少ないということが分かりました。

そこで、この商品に加えて複数の種類のオリゴ糖が配合されているヨーグルトも食べてみることにしました。これで、効果なしだった場合はさすがに食べるのはやめようと思い、最後のチャレンジのつもりで実践することにしたのです。

すると、驚くべきことに翌日には問題が解消されました。ここ10年ほど見たことがないようなボリュームのバナナ状の便を排出することに成功したのです。その後も変わらず快調な状態をキープしているので、これからもしばらくの間はシロップとヨーグルトという組み合わせで摂取していこうと考えています。

ちなみに、オリゴ糖配合のシロップとヨーグルトの組み合わせを2週間続けた結果、1.5㎏のダイエットにも成功しました。

f:id:paicfura:20180412170808j:plain

母の日のスイーツレシピを探そう

母も女性ですから、スイーツは大好きなんです。だから、母の日には何か作ってあげようと思っています。オリジナルレシピを持っているわけではないので、インターネットなどで母の日のプレゼントに良さそうなスイーツレシピを探すことにしました。

家にある材料だけで出来るようなものが良いです。あまり普段の料理で使わないようなものが材料に入っていると、特別に買わないといけない上に余るからです。レシピ投稿サイトだと家にあるような材料でできることが多いのでとても便利です。

母の日にぴったりなスイーツもちらほらと見かけます。和菓子の方が良いかと思いましたが、自分も一緒に食べることを考えると洋菓子の方が良いかもしれません。和菓子が苦手なわけではありませんが、どちらかというと自分が洋菓子好きだからです。

母は和菓子も洋菓子もどちらもよく食べるのでここは自分の好みを取り入れようと思います。料理とは言え、普段からあまりスイーツを作るわけではないのでぶっつけ本番で大丈夫かどうか少し不安です。

だから、事前に練習しておいた方が良いかもしれません。今のところはいくつか候補があるので、気になるレシピを作ってみて1番うまくできたスイーツを母の日に作ってあげたいと思います。

f:id:paicfura:20180412170601j:plain

ホワイトデーのお返しはチョコも人気のようです

ホワイトデーに贈るものというと、キャンディやクッキーというイメージがあったのですが、最近はバレンタインと同じようにチョコを送り返すという方法も女の人に喜ばれることがわかりました。

バレンタインに自分用に買ったり、友チョコとして女性同士で贈りあっているのを見たので、去年はホワイトデーのお返しに、女性に人気のあるブランドのチョコを選んで職場の方に送りました。

海外の有名なブランドでトリュフが5つ、綺麗に箱に収まっている物でしたが、どの女性にも好評でした。パッケージが可愛かったり綺麗だったのも人気の理由のようです。中身を食べた後でパッケージを小物入れにできるということで楽しんでもらえた方もいました。

間違いがないのは人気のブランドをネットで調べて贈り物にすることでしょう。最近は抹茶系のものも好評で、ホワイトデーだからホワイトチョコというように限定しないで、贈る相手の好みのテイストの商品を選ぶと喜ばれそうです。

今年のホワイトデーも喜んでもらえるチョコにしようと思いますが、違うブランドで探してみようと思います。ボリュームよりも見た目や味が重要のようですので、休みの日にデパ地下で色々探してみようと思います。

f:id:paicfura:20180309111009j:plain